楊建華の紹介(日本語)

柳建華、字知名、号“燕山古人”現年58歳、中央美術学院を卒業して、美術館協会会員、書道家協会会員、国家教育部本科教育評価組成員、国家教育部北京市芸術大学院教学協会分会理事である、中央美術学院教務所部長(教授)に現任、釣魚台国賓館専門絵師、画室雅号“集樹堂”である。

楊建華の紹介文

幼少から書画を好きで、8歳に弟子入りして中国画を勉強し、15歳で油絵と知り合いになって一心に苦労して学習した、その後婁師白、黄潤華、戴沢、高宗英、洪波、銭紹武などに弟子入り、その間に石油労働者を描写する作品“源が遠ければ流れも長”、“油田の春” を創作出し、北京工人美術展優秀賞を受賞、油絵“市場に行く”(赶集去)は青年美術作品展の銅メダルを獲得、この作品は現在中国美術館に収蔵された。

中央美術学院油絵専攻に入いた後、李天祥、趙有萍先生を監督している第二工作室で学習し、靳尚誼、詹建俊、聞立鵬、鐘涵、潘世勲などの著名な先生の教諭や指導を受け、李天祥、趙有萍先生の指導の基で、卒業作品“望夫石の噂”は業内人士好評を受け取って、中国美術雑誌に発表し、収集家に収蔵される、卒業の后はそのまま大学で授業することになった。

八十の年代は今に一連作品を創作した:

  1. 油絵作品:人物肖像、風景は主として、主要な作品:《人物肖像シリーズ》《風景シリーズ》《花草シリーズ》《磁器版画シリーズ》等、《肖像シリーズ》全部私的収集家が収蔵される《風景シリーズ》《花草シリーズ》全部に釣魚台国賓館、中南海に、杏林山荘、北京飯店などを収蔵され、《磁器版画シリーズ》100枚近いほど日本習字財団日中友好交流中心に収蔵された。
  2. 中国画作品:山水と花と鳥の主として、画風の雄大さを主張して、気合いは豪放で、中国と西洋の両方理念で、自然天成の貌、“心のため境を作って、手の運心によって、“傲霜凌雪、頑強不屈で気丈で、白くやわらかな肌、清潔な無瑕、清雅は俗離れし、霞の蔚”で創作出した梅花、月、雪、三白がさっぱりしている《三友の図》はよく人々が惚れることを得て、創作する紅梅、白梅、ナンキンウメは在日本、韓国、イギリス、インドネシア、インドなどの国家、内陸部をはじめ、さらには台湾、香港、マカオまでほとんどすべて収蔵されている。
  3. 書道:対句と横書を主として、できるだけ芸術の高古風趣を書くようにして、勁の健はおおらかで《天地人の和》、《紫気は東から来る》等は多くの人々に珍愛され、多くの作品は海内外の多くの名人、茶道館、書道館を収蔵された。

芸術に対して専念、精神を集中し、寂しさを耐え、慎みな態度、生活を重視し、伝統を重視し、基礎訓練を重視し、さらに人の柄を重視し、学識、素養を錬磨、3人の中に必師がある態度で進む、これは私の芸術を美しく昇華した大きな要因であると念願している。

楊建華の紹介(日本語) はコメントを受け付けていません。